バツイチ結婚の法律関係について

バツイチ子持ちさんが結婚した場合、法律的にどうなるのか

疑問に感じるだろう点を説明します。


                                             管理人

バツイチ結婚の法律関係

婚姻すると法律的には同じ戸籍の中に入ることとなりどちら
かの「氏うじ」を名乗ることとなります


さらに子連れでの再婚の場合、大切な手続きがあります。そ
れは「養子縁組」です。


聞いたことはあるけど、難しそうでわからない。手続きでき
るか不安という方のために、説明していきます。


■再婚の場合、養子縁組は必要か
子連れで再婚をする場合、婚姻届を出したからといってお互
いの子供と親子関係が成立するわけではありません。


ですから、親子関係を成立させるために必要なのが養子縁組
です。


子供が成人している場合は、養子縁組をしないこともありま
すが未成年の場合は、保護の観点からまず必要になる手続き
でしょう。


■「普通養子縁組」と「特別養子縁組」
養子縁組には2種類あります。混同されている方が多いので説
明します。


「普通養子縁組」というのは、役所に養子縁組届を出すだけ
で成立する養子縁組です。


この場合、戸籍には「養子」と記載され、実の親との親子関
係が残ったままになります。つまり、実の親の扶養義務も残
りますし、相続権も残ります。


「特別養子縁組」というのは子供が6歳未満の場合にされる手
続きで実の親との親子関係は残りません。ですから、戸籍上も
簡単には養子だとわからないようになっています。


特別養子縁組とは、子の福祉のため必要なときに限り裁判所が
認めるもので、通常の子連れでの再婚の場合は、普通の養子縁
組となります。


バツイチ結婚の法律関係2

バツイチ子持ちの方が相手から養育費を定期的に受け取って
いる場合は、再婚を理由に減額される場合があります。


これも、きちんと法律による規定はありませんので、再婚さ
れるお相手の収入が幾らだから、何パーセント減額等の決ま
りがあるわけではありません。


しかし、離婚した相手方から養育費の減額請求があると認め
られるケースはあるようです。


また、母子家庭や父子家庭の場合、各自治体で様々な優遇措
置や免除があります。おそらく税金や各種料金の減免などか
なりの恩恵を受けること可能です。


しかし、当然再婚するとそれらの減免措置は受けられなくな ります。


スポンサード リンク